Linkers

会社情報COMPAMY

代表あいさつ

前田佳宏社長

イノベーションが頻繁する
“別次元の産業構造”をもたらす、
世界最大のリエゾンカンパニーを目指して

リンカーズ株式会社は、従来の企業同士の “出会い” の在り方を見直し、これまで不可能であった最適な “出会い” を提供することにより、イノベーションが頻繁する “別次元の産業構造” を、国内外に築いていくことをミッションとしております。

ものづくり産業の盛衰は、言うまでもなく、エンドユーザーにとって付加価値の高い新製品、新技術、新事業をより多く生み出せるかどうかにかかっており、特に日系企業においては、売上100億円以上の中堅・大企業がそれらをより多く生み出すことができれば、中小企業のビジネスチャンスも増え、日本全体が元気になります。

中堅・大企業にとって、新製品の開発及び新事業への参入の頻度をいかにして最大化していくかが、日本の産業にとって、最も重要な課題です。
現在、日系企業の売上に占める新規事業の比率は、米国や中国の半分以下と言われております。

新製品開発や新事業展開を進めていく上で、商品開発の企画力が重要なのは当然ですが、それ以上に、不足する技術や製品のリソースを外部からスピーディに獲得できるかどうかが重要であると考えます。

不足するリソースを一から開発するよりは、他社或いは外部の専門家とのパートナリングにより獲得した方が、圧倒的に早く、効率的です。ただし、いざ探索しようとすると、なかなかみつからないのが現状です。
では、なぜそれらが見つからないのでしょうか?
答えは簡単で、それらを保有する中小・ベンチャー企業や大学が、シーズ情報を上手く開示できていないことにあると考えます。
また、たとえ開示されていたとしても、何万、何十万と存在するシーズの中で、どれが最適なのか検討するのは困難です。

我々は、各地の有力なコーディネーターを網羅的にネットワーク化することにより、それらの最適なシーズ情報を網羅的に収集し、横比較を行い、最適なシーズを見極めることができ、これまでのものづくり系マッチングでは考えられないような、高いマッチング成功率を実現しております。

上記したように、ものづくり産業というものは、実際にはシーズ情報が充分に開示されていない極めて閉鎖的な構造です。この閉鎖的な構造の中でも、最適なシーズを見つけ出せるのが、我々が運営するLinkers(リンカーズ)です。
このLinkers(リンカーズ)により、新製品の開発や新事業への参入の頻度が、劇的に高まり、数多くの新しい市場が創出されます。

我々は世界中に、イノベーションが頻繁する “別次元の産業構造” をもらたす、世界最大のリエゾンカンパニーを目指します。

代表取締役社長  

リンカーズ中途採用情報