Linkers

ニュースNEWS

日本M&Aセンターとリンカーズ、中小企業活性化による地方創生で業務提携を締結

2017年6月5日

株式会社日本M&Aセンター(所在地:東京都千代田区丸の内1‐8‐2 代表:三宅 卓)は、全国500機関、2000名以上の産業支援機関および地方金融機関のコーディネーターと連携して中小ものづくり企業のビジネスマッチングを行うリンカーズ株式会社(所在地:東京都中央区日本橋本町2‐2‐2、代表:前田 佳宏)との間で業務提携いたしました。リンカーズがネットワークする全国あらゆる産業における高い技術を持つ「技企業」の後継者不在による廃業リスクに対して、事業承継業務を行うことで、地域経済の活性化を目指します。

リンカーズがネットワークする「技企業」は、全国のあらゆる産業で存在します。それらの企業は、世界で数社しか持ち合わせていない技術を持っていたり、その地域ではイノベーティブな企業として有名であったり、職人気質の熱い想いを持っている超一流の企業であり、大手企業からのマッチングニーズは毎年230%という高い成長率で伸びています。

一方、国内企業の66.1%が後継者不在であるとされており(帝国データバンク『2016年 後継者問題に関する企業の実態調査』)、こうした「技企業」もまさに、存続の危機にさらされています。特に、この問題は地方において深刻な状況です。

そこで、 日本M&Aセンターの事業承継支援による「技企業」経営課題の解決と、さらにリンカーズによる“技マッチング”によるビジネス機会の強化を同時に行うことで、地域経済の活性化を行うプロジェクトを立ち上げました。このプロジェクトは全国初の試みで、初年度は近畿エリアの中小企業を中心にサービスを開始し、順次全国に展開する計画です。

【サービス内容】

本プロジェクト『ものづくり承継ツール』では、以下のサービスを提供します。

・地域経済活性化セミナー(企業向け・自治体向け)
技企業向けおよび自治体向けセミナーの実施

・コンサルティング事業
技企業の技術力分析・企業価値評価および経営課題に対するコンサルティングを実施

・地域経済力PR
地方の技企業の技術力、および成功事例を効果的にPRすることによる地方創生の加速化

【株式会社日本M&Aセンターについて】

株式会社日本M&Aセンターは、中堅・中小企業の友好的M&Aを仲介、これまでに約4,000件という圧倒的な実績を誇る。M&A業務を通じて企業の「存続と発展」に貢献することを使命とし、譲渡企業と譲り受け企業、その関係者の方々がWin-WinとなるM&Aを行う。全国の地方銀行9割、信用金庫8割、約670の会計事務所などと国内最大級のネットワークを構築。東京、大阪、名古屋、北海道、福岡の全国5都市と、シンガポールに拠点を置き、日本全国およびアセアン地域でM&Aサービスを提供している。

会社名:株式会社日本M&Aセンター(東証一部上場)
設立:1991年4月
代表取締役:三宅 卓
事業内容:中堅・中小企業に特化したM&Aの仲介(http://www.nihon-ma.co.jp/

【リンカーズ株式会社について】

「Linkers(リンカーズ)」は世の中からベストな開発パートナー/部品調達先/OEM委託先などの取引先を抽出するビジネスマッチングプラットフォーム。全国500機関、2000名以上の産業支援機関及び地方金融機関のコーディネーターと連携し、2014年のサービスリリース以来、数百件の大手企業のニーズに対して、地方の有力な中小企業とのマッチングを行っている。

会社名:リンカーズ株式会社
設立:2012年4月
代表取締役:前田佳宏
事業内容:メーカーマッチングサービス「Linkers(https://linkers.net/)」の運営
ウェブ展示会「eEXPO展示会(https://eexpo.jp/)」の運営

ダウンロード用PDF

【リンカーズ株式会社_プレスリリース】20170605_日本M&Aセンター提携リリース.pdf(896KB)

一覧へ戻る