Linkers

ニュースNEWS

テレビ東京系列「ワールドビジネスサテライト」でLinkersが取り上げられました

特集「ニッポンのものづくり 切り札は“目利き”」で、Linkers(リンカーズ)の取り組みをご紹介いただきました。
詳しくは下記クリック下さい。

テレビ東京WBS ニッポンのものづくり 切り札は“目利き”

中小企業の技術と大企業を結ぶ、ものづくり産業の新たなインフラとなる「Linkers(リンカーズ)」について、
運営の鍵となるコーディネーターに注目し、その仕組みを詳しくご紹介いただきました。

【Linkersを立ち上げた背景】
大企業が100案件の商品企画を立ち上げても、量産に至るのは5%未満という現状。
多くは、最適なパートナーが見つからず、開発の途中で頓挫してしまうのです。
そこで弊社は、大企業が優れた中小企業を簡単に探せる仕組み「Linkers(リンカーズ)」を立ち上げました。

【Linkersの2つの特徴】
Linkers(リンカーズ)の鍵は、“コーディネーター”と呼ばれる目利きの存在です。
コーディネーターとは、全国に約2万ある産業支援機関に所属する目利き人材のことで、
2015年2月現在、Linkers(リンカーズ)には1,200名以上の目利き人材が登録しています。

また、Linkers(リンカーズ)とコーディネーターは、守秘義務契約を締結しているため、
開発中の案件であっても、大企業は安心してLinkers(リンカーズ)でパートナーを探すことができます。

【Linkersの実績】
他に類を見ない仕組みとして、Linkers(リンカーズ)は、1年で100案件以上の探索依頼を受けました。
トヨタ、パナソニック、オリンパス、バンダイナムコグループといった国内の大企業に加え、
最近では、海外企業からの依頼も増えてきました。

Linkers(リンカーズ)は、発注者である大企業は勿論、受注者となる中小企業や、
地元企業を支援するコーディネーターからも、高く評価されています。

一覧へ戻る