ニュース
プレスリリース

2040年、二酸化炭素排出量1/2への挑戦――「CO2固定化技術・有効利用技術」を募集します:経済産業省協創プロジェクト令和元年採択課題【〆切:11/29】

2019年11月12日

令和元年度の採択が決定したばかりの経済産業省関東経済産業局主催オープンイノベーションエコシステム構築事業の協創プロジェクト。その1つ、JXTGホールディングス株式会社が推進する「CO2固定化技術・有効利用技術の開発パートナー探索」について、本事業の運営事務局であるリンカーズ株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役社長:前田 佳宏)は、「CO2の固定化技術や有効利用技術」をもつ企業パートナーを募集します。

協創プロジェクトとは

経済産業省関東経済産業局主催のオープンイノベーションエコシステム構築事業において、大手企業と中小企業とのオープンイノベーションにより、社会性の高い課題に取り組むプロジェクトです。高齢化、労働力不足、環境問題など日本全体に大きな影響を及ぼすテーマから毎年2課題を選定しており、本件は2019年度採択課題の1つです。

【募集概要】

パリ協定で温室効果ガス削減目標が定められ、世界規模でカーボン・オフセットの取り組みが行われています。JXTGホールディングス株式会社は本プロジェクトにおいて、事業活動において排出すると予想する1,500万トン/年のCO2を2040年時点でオフセットすることを目標として「CO2固定化技術」を広く探索し、有効な技術に取り組むことを推進します。

▼募集する技術
必須要件:以下に挙げるようなCO2関連技術(記載は技術イメージでありこれらに限定するものではなく広く募集します)

  • 藻類、微生物を用いたCO2固定化技術
  • 人工光合成を用いたCO2固定化技術
  • メタネーション技術を用いたCO2有効利用
  • その他、CO2を固定化・有効利用できる技術

任意要件: CO2関連技術による取り組みと連動して、「CO2固定化・有効利用に関する分析業務」の連携も希望しています。
実証試験を行いながら、エネルギー効率やコスト対効果などを検討します。

▼募集〆切
2019年11月29日(金)

▼ご応募後の流れ
本プロジェクトでの検討が決定された場合、NDA締結の上まず情報交換からスタートします。JXTGホールディングス株式会社が提供する実証フィールドにおいて排出されるCO2の固定化・有効利用技術の実証試験、スケール化を共同で開発を進めます。

▼応募方法
こちらのURLからご応募ください。https://linkers.net/r/AwXk4
※ リンカーズ株式会社が運営するマッチングサイトへ移行します。

注)経済産業省関東経済産業局主催オープンイノベーションエコシステム構築事業内プロジェクトへの応募となりますため、ご提案いただいた内容はJXTGホールディングス株式会社だけでなく、関東経済産業局、事務局の三菱UFJリサーチ&コンサルティング株式会社およびリンカーズ株式会社でも情報共有させていただくことをご了承ください。

〈参考〉関東経済産業局のオープンイノベーション促進に係る取り組みはこちら
https://www.kanto.meti.go.jp/seisaku/open_innovation/index.html

継続的にニーズ配信を希望される方は、以下のURLからご登録いただけます。
リンカーズにて募集中の、大手・中堅企業のニーズ情報を無料でご覧いただけます。
https://linkers.net/r/exr7

リンカーズ株式会社とは

「マッチングで世界を変える」のミッションのもと、ものづくり系マッチングプラットフォーム「Linkers」を運営。ものづくりに関わるあらゆるお客様の課題を解決する3つの基盤事業 1)ベストなものづくりパートナーを探索する「Linkers Sourcing」事業、2)新技術のユーザー開拓をサポートする「Linkers Marketing」事業、3)世界の最新技術動向調査「Linkers Research」事業を展開している。さらにこれら既存事業で培ったマッチングノウハウを詰め込んだ金融機関向けマッチングシステム「Linkers for BANK」を2018年リリース、近年金融機関への導入が急速に進んでいる。

【会社概要】
会社名:リンカーズ株式会社
所在地:〒103-0023 東京都中央区日本橋本町2-2-2 日本橋本町YSビル
代表者:前田 佳宏
創 業:2012年4月
資本金:1億9,600万円
事業内容:ものづくり系マッチングサービス「Linkers(リンカーズ)」の運営
金融機関向けマッチングシステム「Linkers for BANK」の提供
Web展示会システム「eEXPO(イーエキスポ)」の運営